2010年08月26日

Colorful(カラフル)

 この映画が、「アリエッティ」よりも客を集めるようになったら、日本は終わりだと思う。なぜかって? 満たされた青春を送ってきた者には観る必要のない映画だからだ。
 原恵一監督はえらいものを作ってくれた。「河童のクゥと夏休み」から、こういう方向でつきつめてくるとは。

(以下にネタバレを含みます)

 死後の世界から蘇る、というファンタジーから始まるものの、現世の冷ややかさが半端ない。友達のいないクラスの空気や、辛うじて交友を持ってくれるクラスメイトの冴えない感じや、家族の中で居心地の悪い感じ。それらが、不幸自慢ではなく、あくまで淡々と描写されて尋常でなく身につまされる。
 かわいいヒロインや、イケメンの友人が出てきて救いになってくれる、などという夢のある、しかし凡庸な展開は一切ない。冴えない友達とコンビニで買い食いし、家族で鍋を囲むのがクライマックスという等身大のドラマ、そんなものが面白いかどうかはともかく、アニメでやってしまったのだから恐れ入る。

 ささやかなエピソードで綴られるストーリーは味があるが、逆に、メッセージ性を打ち出した部分に多少の説教臭さを感じてしまった。特に、アンジェラ・アキの歌を使った部分はやりすぎだと思う。また、冒頭部分の一人称の動きの安っぽさ、写真を加工したような背景、なじんでいない3DCGなど、画面から違和感を感じる表現が多かったのも残念。
 エンドロールで最大のサプライズが。え、あのブス(←失礼)宮崎あおいだったの?! 最後まで全く気がつかなかった、大変な名演技だ。

映像美   5
深刻度   9
宮崎あおい 10
個人的総合 7

posted by Dr.K at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画未視聴ですが原作の小説のほうは良作でした。
原作とはちょっと話が違うのかも。
Posted by waverrr at 2010年09月22日 01:51
こちらは原作未読です。映画独自のエピソードもあって、だいぶ違うらしいですよ。
Posted by Dr.K at 2010年09月22日 07:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック