2010年09月04日

東浩紀、バカ学生のカンニングに振り回される

 東浩紀って誰だったっけ、ああ、「動物化するポストモダン」の人か。若くして早稲田大の教授になっていた、ということにまず驚いた。

Togetter: 東浩紀とカンニング問題

やっぱ、東浩紀の講義落としてました。どうしても、僕アニメとかに興味もてないんだよなー。テスト中に、隣の人が答案見せてくれたのに申し訳ないなー。大体、らき☆すたて何すか。…

 馬鹿は黙ってろ! とはこのこと。
 テストの解答が「らき★すた」、持ち込み可・論述式問題有りのテストなのにカンニング、それを教授の名前まで挙げてtwitterで公言。これはもう数え役満級の大馬鹿だ。

 今どきの高校生は、受験勉強より先にネットの常識を学んだ方がいいんじゃないか。公開したものは人に見られるのだ。一般の人が個人的なことを書いていても、普通は誰も気にとめない。だからといって安心して何でも書いてしまってはいけない。目立つことが書いてあれば不特定多数の注目を集め大変なことに…なったのはこの場合、東先生の方か。
 DQN気質の馬鹿に限って、ネット上で犯罪自慢を公開して墓穴を掘る。教室で武勇伝をわめいていても、クラスの学生は空気を読んで見過ごしてくれる。しかし、ネットも同じだと思うなよ。老若男女、誰が見るかわからないんだからな。

 そして、こういうときに嘆かわしいのが、

「早稲田に入ってまで、テストの解答が〈らき★すた〉なんて」

という雰囲気になってしまうこと。アホらしいですか? じゃあ出るな。しょうもない題材だから楽そう、みたいな態度で科目を選択した馬鹿、多いんだろなあ。
 学問はそんなものじゃないの。題材が何であれ、それについて何がどう研究されているか、が中身なの。権威が欲しいんなら、もっと評価の定まった化石みたいな古典でも読んで研究すればいい。俺は、〈今〉を扱ってくれる先生がいるなんて、素晴らしいと思うけどね。

posted by Dr.K at 11:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんというか、素晴らしいまでにアホ丸出しというか、救いようがないというか。
ご指摘のとおり、情報リテラシーのなんたるかを知らなさ過ぎ。

そもそも、そういうことを教えてくれる人がいないからなんでしょうけど。
だって、親とか学校って、なんでもかんでもフィルターでシャットアウトすればいいぐらいに思っているのだから、無理な話か。
などと思っている一方では、学校裏掲示板やら何やらで巧みにネットを活用していじめなどをやる輩もいるから、一概に無知とも言いがたいんですよね。

>「早稲田に入ってまで、テストの解答が〈らき★すた〉なんて」

この一節を見た限りでは分からなくもない、たぶん私もそう思うだろうから一般的な感覚で。
ただ、東浩紀という人をぐぐってウィキを見るだけで、その感覚は180度ひっくり返る。
むしろ、この学生は何を聞いて何を学ぶために受講していたのか?というふうになる。
まぁ、いいところ単位が取りやすそうで、論文形式のテストだから代返頼んでテストだけ受ければいいや・・・ってところがオチなんでしょうね。

最後に、身内で話すだけのツイッターならば、非公開にしておけ!!(ちなみに私は非公開です)。
Posted by ぺいんたー at 2010年09月06日 10:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック