2010年12月09日

「ノーモア★ヒーローズ」、素人にはお勧めできない。

♪つかもうぜ、ロヴィコフボール♪

 ようやくクリアしました、「ノーモア★ヒーローズ」。しかも今さら1の方。
Nmh1
【イカした殺し屋どもが跋扈するナイスキャラゲー】
 出てくるキャラが全部すごいです。そもそも主人公からして、オタクグッズに囲まれたプロレス好きのチンピラ、という訳の分からない設定なのですが、敵の殺し屋どもが輪をかけてひどい。制服を着た女子高生で黒人の剣豪とか、文学少女でモデルで義足で爆弾マニアの傭兵とか、血塗れのバットを持つ殺人鬼でロリータファッションの少女とか、誰の方を向いて作っているのかさっぱりわかりません。それでもなぜかかっこよく戦い、散ってくれるから実に不思議です。

【ストーリーは意味不明】
 世の中には、まじめに作ってもうまく終わらない物語がたくさんありますが、そもそもこのゲームは、まともにオチをつけるつもりがありません。最終戦で因縁を語る部分が早送りになって目が点になり、さらに〈真のエンディング〉のどうしようもなさは失笑ものです。さすがSUDA51、ストーリーを広げてたたまない作風は、ますます絶好調ですね!

【アクションのデキの良さは特筆もの】
 そんなわけで、ストーリーがまとまるカタルシスを味わいたい方には、全くお勧めできない本作ですが、一方で、アクションゲームとしてはかなり良くできてます。
 基本アクションである刀の〈斬る〉、いや〈ぶん殴る〉の方が近いかな、手応えが大変に良い。アクションゲームは、絵がきれいでも手応えがスッカスカでがっかりさせられるものがたまにあるのですが、このゲームは違いました。また、Wiiリモコンの使い方もいいアクセントになっており、モーションセンサーを活かしたプロレス技も愉快です。PS3や360に移植版も出ていますが、これは断然Wiiでやるのが楽しいのではないでしょうか。

 シノブと何十回戦っても勝てず、投げそうになりましたが、ひとたび勝ったら最後まで行けました(笑) 予想外に面白かったので、続編にも手を出そうと思います。

posted by Dr.K at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック