2011年01月30日

予想以上の神ローカライズ 「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」その2

Maxwell02 2万以上の言葉でアイテムを呼び出すことができ、信じ難いまでの解法の自由度があるこのゲーム、でも、ボリュームはさほどでもないんでしょう? と思ったらそれがまたとんでもない誤解だった。
 ステージ数がざっと見ただけで100はある。で、とりあえずパズル1-1から順にプレイしている(0ステージはチュートリアル)のだが、いやいやちょっと待てよ。ステージ選択画面の右下をクリックしたら、同数のステージが裏から出てきたじゃないの。これでまず2倍。
 さらに、パズルステージでは、とてつもないやりこみ要素が発覚。初見ではとにかくクリアするだけで良いのだが、二度目からは、同じアイテムを使わずに3通りの解法を探させるアドバンスモードに突入。これでざっと3倍。
 見た目があっさりしてるんでナメてたわ。最終ステージまで行けるのはいつになるやら。

 このゲームは人により様々な展開になるので、自分の体験をつい書きたくなる。以下にあるステージでのプレイをご紹介。

お題「すべての花を集めてカゴに入れろ」

 花の一つは蜂が守っており、二つ目はピラニアの池にあり、三つ目は高台の上にある、という状態。
 まず、蜂をどかすために「へび」を出した。蛇は蜂を倒したが、続けてプレイヤーに襲いかかってくる。逃げ回ると、花かごに入ってしまったが別にいいらしい(笑)
 次に、ピラニアに対して「ワニ」をけしかける。用が済んだワニはゴミ箱(不要なアイテムの回収アイコン)に捨てる。
 最後の高台に苦労した。位置的にハシゴや階段を置くことはできない。ならばと飛行機を使ってみるも、デカすぎてうまく着地できない。転がって池に落ちた飛行機は、故障してしまって二度と使えない。
 垂直に離着陸できるものが必要、という結論に達し、UFOを出す。操作性はいいのだが、途中のものをこわしまくる上に、着地に失敗して花を踏んでゲームオーバー。
 「気球」を呼び出すに至って、ようやくクリアとなった。

 いや〜、「ゲームでできる範囲」が全く予想できないから考え甲斐があるわ。

posted by Dr.K at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお! 先生はそんな方法でクリアしましたか! …と、他の人のクリア方法を聞くのもまた面白いですね。

ちなみに、自分は花以外のオブジェクトをすべて「火炎放射器」で焼き払って、高台の花は「投げ縄」で引っ張って取りました。女の子の自宅が焼失しましたがクリアーだそうです(笑)。
Posted by GON at 2011年01月30日 15:35
私はどうも武器に発想がいたらないようで、食物連鎖でなんとかしようとしてしまいます(笑)
投げ縄やロープは、挙動にクセがあって使うのがちょっと難しいですね。
Posted by Dr.K at 2011年01月30日 16:46
こちらの記事を読んで、慌てて買ってきました。面白いです。本編に入る前に、タイトル画面でいろいろ出現させてしばし遊んでました。つい色んなことを試したくなりますね。

あと、「ソリッドスネーク」と書いたら、それっぽいキャラが出てきましたよー。
Posted by しびる at 2011年02月03日 01:43
こんなに面白いのに、初週の売り上げが推定7000本以下のランク外、と桁外れに売れていません(泣)
買いました報告は大変ありがたいです。
なんか「ビッグボス」も出るとか出ないとか。
Posted by Dr.K at 2011年02月03日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック