2011年02月06日

「HEAVY RAIN −心の軋むとき−」 その2

Heavyrain02
 ストーリーも中盤になり、タイトル通り重い展開になってきた。

 多くのゲームでは、ミスをしたと思ったらやり直す。だが「ヘビーレイン」はそうではない。オートセーブなので後戻りはできず、たとえプレイヤーが死んでしまっても、結末まで見届けなければならないのだ。(プレイヤーキャラが複数なので、他のキャラのドラマは続く、ということなのだろう)
 それ故、プレイ中の緊迫感は相当なもの。どのアクションがどんな結果につながるのか、予想を許さない部分があり、初見のプレイはかなり難しい。操作の難度もどんどん上がってきている気がする。
 私の場合、死者こそ出ていないが、明らかに目標を達成していないステージがいくつかあり、バッドエンドはほぼ確実。悲劇を見届けるためにプレイを続けなければならないと言うのは、過去にあまり例がなく、斬新だ。
 悲劇を避けようがないという点で、主人公とプレイヤーの心情が一致させられる。やっぱりすごいゲームだ。でもつらい。

posted by Dr.K at 11:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フリーズさえ無ければ・・・。
Posted by at 2011年02月07日 23:41
アップデートしたせいか、私は今のところフリーズありませんよ。
Posted by Dr.K at 2011年02月08日 08:40
これ、かなり早い段階でフリーズバグ修正のアップデートはされてたみたいですね。ウチも、クリアまで一度もフリーズしませんでした。

こういうバグを記事にして広めるようなサイトはネガティブな話題以外にはまるで興味が無いようなので、その後のメーカーの対応はまったく記事にしてませんでしたね。ひどいもんです。
Posted by GON at 2011年02月08日 18:55
知らなかったよ、今度BEST版出るみたいだし買ってみるか。
Posted by at 2011年02月09日 19:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック