2011年03月05日

京大カンニング事件にずっこける

 連日新聞をにぎわせていた大学受験でのカンニング事件。

 実は、普通に携帯電話を使っていただけとわかってずっこけた。
 (リンク先で「デスノート」の連想がやたら出てくる。ですよね〜)

 事件発覚当初は、受験者がカメラを使って画像か映像を撮って問題を送信し、会場の外で協力者が解答を手配する、などというハイテクかつ組織的な手口まで予想されていたというのに。

 この事件の変なところは二つある。
 まず、一つ。「Yahoo知恵袋」などというオープンな場が使われたこと。このせいで事件は有名になり、足がついた。それにしても、誰とも知らない人から、いつ来るかわからない答えを待つなんて、決死のカンニングにしては不確実過ぎないか。そして、京大入試クラスの難問でもほいほい答えちゃうお人好しが、知恵袋には常駐していたというのだから、実に奇妙な世界だ。
 そして、二つ目。実は今回のカンニング、もしも信頼できる解答者と直接メールをやりとりする、というストレートな方法で行われたとしたら、発覚せず成功していただろうということだ。なぜなら、試験監督は現場で携帯の使用を見逃しており、不正の事実もYahoo知恵袋の記録があって初めて指摘できた、という有様だからだ。

 この分だと、過去に携帯電話を使った不正で、合格した者がけっこういそうだ。来年からは手荷物検査など、監視体制の強化が求められるだろう。
 でも不謹慎ながら、カンニングの組織を守るために、彼が一人でやったと偽証している、などと想像する方がロマンがあるなあ。

posted by Dr.K at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほかの人の研究を盗み取って自分のやった研究のように偽装している京都大学が、受験生に不正をとがめることはできない。広域暴力団と共謀している京都大学は、今までに数え切れない不正を犯し続けてきた。他人の研究に名前だけのせて自分の研究だと偽ったり、陰ではわいろをばらまいてマスコミ人などに受賞活動を行い日本には京都大学しか大学がないようにふるまって、あちこちから莫大な不正なカネを集めたりしている。また、公共の電波をハイジャックして、新井泉さんのような人物に虐待や個人攻撃を犯し続けて、京都大学の都合で何の罪もない国民を監禁迫害したあげくその人の人生や健康を長い間破壊し続けている。そのあげく、もともとの研究をやった新井泉さんを、「そんな人物はまったく知らない。」「そんな人物は生きていない。」「そんな人物は存在しない。」とあちこちで言い張って、生きたまま新井泉さんを殺害して死人扱いしている。などなど、現在では京都大学は広域犯罪組織とともにあらゆる犯罪を犯しまくっているのだ。京都大学の強盗殺人鬼どもは自分だけが幸せをつかめるように生まれてきたと犯罪を誇示しているのだ。つまり、実際には京都大学の都合のいい犯罪を犯し放題なのだ。今回の事件も、つかまらないで数々の不正を犯している京都大学が、不正を犯せる立場にいない一人の小さな国民をいじめぬいたものである。今回の受験生の特定も、公務員の犯罪組織を使って、普段は個人に対する虐待や迫害に大学職員が使っている犯罪網を、皮肉にも利用したものである。犯罪ネットワークを駆使してつかまらないで犯罪を犯すことのできる京都大学を絶対に許すわけにはいかない。
Posted by 犯罪をできる立場の京都大学が、犯罪をできない立場の一人の子供を破壊した。 at 2011年03月05日 15:12
こんなコメントが来るようになれば、うちもいっぱしの政治ブログです。なんじゃこりゃ、と思った方は↓

<a href="http://selfool.jugem.jp/?eid=527" rel="nofollow">http://selfool.jugem.jp/?eid=527</a>

しかし、「京大 カンニング」で検索して1分以内に投稿して去っていくとは、スパム職人の腕前は鮮やかですね。
Posted by Dr.K at 2011年03月06日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック