2011年04月18日

出崎統監督が逝去

「ガンバの冒険」アニメ監督の出崎統さんが逝去 67歳、肺がん

 虫プロ出身の監督として、数々の手塚作品のアニメ化を手がけた出崎監督が亡くなった。宮崎駿より若いじゃないか、早すぎる。
 代表作、「あしたのジョー」のせいもあるが、劇画調で男前な作風の監督、という印象がある。特に、OVA版「ブラック・ジャック」は、原作を上回る重厚感があった。
 近年は劇場版「AIR」や「CLANNAD」を監督していると知り、びっくり。柔軟に今風のアニメに対応したのかと思ったら、いつも通りの出崎演出だったらしくて安心した(笑)

 手塚治虫が亡くなって二十余年、今度はその弟子が亡くなっていくのかと思うと、どうにも寂しい。

posted by Dr.K at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に、まだ若すぎますよね…。

『Air』でヒロインが光るゲロを吐いたり、『とっとこハム太郎』で三回パンしたりと、いつどんな作品を観ても、一目で「出崎監督だ!」と分かるというのが凄い(笑)。

ここまで個性が前面に出す監督は、最近少なくなりましたね。
Posted by GON at 2011年04月18日 23:34
逆にやっと「旧虫プロ」のエリート側で亡くなる方の列に
一人連なったか・・・(グループ・タック田代敦巳音響監督の
後に続いて)、といった印象。既に「雪の女王」の頃に
「死にかけた・・・」といったインタビューを読んでいたので、
じきにかな、と覚悟はしていましたから。

 で、「保全スレの者」としては必要な御連絡。珍品堂の
「掲示板」なのですが、eoサービス簡易掲示板の提供が
平成23年3月30日で終了しており、過去ログがすべて
吹っ飛んでいます。
 今後どう対処なさるのか、Dr.K氏のコメントを
是非頂きたく。
Posted by tron tron at 2011年04月29日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック