2011年05月19日

ドラマ「リバウンド」が暑苦しい。もっとやれ。

 相武紗季が特殊メイクでデブになって主演するドラマなのだが、速水もこみちまで特殊メイクでデブになった。これはひどい。

 デブにはデブにふさわしい顔つきというものがある。もこみちのように濃い顔のイケメンがデブると、なんとも暑苦しく見苦しい。インチキな外人みたいになっている
 しかも、デブになったとたん、相武に負けじとオーバーアクション演技。もこみちってこんなコミカルだったっけ。俳優として突き抜けたわ。

 第三話、太って信子 (相武紗季) に嫌われてしまった太一 (速水もこみち) は、チヨコに甘えようとする。デブのチヨコなら、デブの悩みを理解してくれると思ったのだ。しかし、チヨコの正体は太った信子。なるほど、信子とチヨコの間で、行ったり来たりが起こるのだな、と思ったら、「あ〜そうでちゅか」と信子がキレて、あっさり真相をバラす。相変わらず展開早い。
 そして太一はケーキを作り上げ、あっさり元のイケメンに戻り、二人はめでたく結ばれた。…って最終回かよ! と呆れたところで三話終わり。

 第四話、太一も実は信子と同じ、怪しい薬を服用していた。その不吉さを振りほどくが如く、太一は結婚へ暴走する。仕事と結婚との間で悩む信子。おお、ようやく普通のドラマらしい話になってきたぞ。しかし、映像的には、百面相の信子と言い、信子の脳内会議と言い、いちいちおかしすぎるのだが。
 信子は、ついに決心し、会社に辞表を出す。ところが太一は、信子の仕事を応援する方に気が変わっていた。空港で見送られる信子だが、会社は辞めてしまったので海外出張も取りやめになっている。帰るに帰れないところでこの回終わり。

 怪しい薬の伏線を出しておいて、ここまでは回収せずに進んでいる。二人ともやせたままだとどうも物足りない(笑) 予告編によるとどうやらまた太るらしいが、いったいどこに着地するのか、毎回大騒ぎの急展開でさっぱり予想がつかない。暑苦しいデブ演技に食傷気味の視聴者も出てきているようだが、手加減は無用である。もっとやれ。

posted by Dr.K at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存じかもですが、もこみちさんは
「ぼくの魔法使い」で「らりるれろ」が言えないキャラを
演じられてて、その時、すごく良い感じでしたよ〜。
イケメン役より、ちょっと抜けてる役のほうがイケてる気がします。
Posted by kawasemi at 2011年05月25日 22:08
それは知りませんでした。
ずいぶん昔に、そんな役をやってたんですね。
Posted by Dr.K at 2011年05月25日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック