2011年07月07日

「inFAMOUS2」その1 再び悪名高き男

 前作から格段のパワーアップを果たしたと噂の、「インファマス2」がついに発売。「L.A.ノワール」とどちらを買うか大いに迷ったが、今日のところはこっちを買うことにした。

Infa01

 これはすごい。開幕からクライマックス感ありあり。
 主人公が電撃ハゲマッチョなら、対するボスもまた燃えさかるハゲ巨人。一般に、オープンワールドのゲームでは、舞台が限られるシステムの特性上、序盤は小さなミッションから始まることが多い。しかし、「インファマス2」は、サービス精神旺盛なプロローグステージがついているのだ。「アンチャーテッド」の2作目に近い貫禄を漂わせており、期待が高まる。

 前作をプレイしていないので、自在のパルクールに戸惑いつつのスタートとなった。柵かと思ったところは登って通行でき、電線はすべることができる。敵がアパートの屋上から撃ってくるので、うっとうしいなと思っていたら、ビルの壁を普通に上ることができて面食らった。こうなると、もはや市街地に行けないところはない。行け行け電撃ハゲマッチョ。

posted by Dr.K at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック