2011年07月10日

これは斬新な手塚像 「ブラック・ジャック 創作秘話」

 週刊少年チャンピオンに短期連載され、単行本になるのかならないのか、と一部の愛読者をやきもきさせていた「ブラック・ジャック 創作秘話」が、このほど無事に発売された。

Bjsh

 こういう企画の場合、まず、作中の手塚治虫をどんな見かけで描くか、が問題である。
 手塚先生は、何度も自分を作中に出演させたことがあり、そのイメージはすでに広まっている。しかし、それをそのままなぞったのでは、田中圭一のパロディマンガ以下の仕上がりにしかならなかっただろう。かといって、今風の絵柄で美青年になった手塚を描いてしまうようでは、ファンとしては許し難い。
 本作が採用した吉元浩二の絵は、このいずれでもなく、斬新だ。古くさく、それでいて描き込まれた絵は、今はなき「ガロ」の作家を思わせる。その絵柄が、生前の手塚が表に出さなかった、創作の執念を執拗に描写していく。本来昔を懐かしんでいるだけのハズの、現在の編集者像までことごとくうさんくさいキャラに描かれているのには笑ってしまう。すげえなこれ。

 内容自体は、これまでの関連本で紹介されていたエピソードであり、ファンなら一度は聞いたことがあろうものばかり。とはいえ、再取材とこの斬新なビジュアルで、見れば見るほど面白いマンガに仕上がった。ヘタなフィクションが裸足で逃げ出す迫力がある。

 最後に苦言を一言。セールスの都合とは言え、全体を見ると「ブラック・ジャック」などほとんどどうでもいい内容なのに、このタイトルを冠するのはいかがなものか。

posted by Dr.K at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壁村耐三のインパクトが強烈過ぎてもう・・
Posted by Sash at 2011年07月11日 00:16
まさに陰の主役ですね(笑)
Posted by Dr.K at 2011年07月11日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック