2011年08月17日

平林久和がゲハブログに宣戦布告

平林久和「ゲームの未来を語る」第21回:
 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?

今回、私が取り上げますサイトとは、次のふたつです。

「オレ的ゲーム速報@刃」
「はちま起稿」

私はこの両サイトが、ゲームにかかわるメディアにおいて、正面から論じられることがないことを憂いています。
(中略)
まず、両管理人におうかがいしたい。
毎日が幸せですか、と。

 口調は穏やかだが、斬り込み方は強烈。普段は客観的な分析を旨とするアナリストが、「幸せですか」などと情に訴えるとは、よほど腹に据えかねたのだろう。私も、「1日12時間、ネットに張り付いてゴシップをまとめ、ゲーム業界を腐すお仕事」なんてのが幸せなのかどうか、聞いてみたいところ。
 しかしこれ、やらしい問いかけだよな。「いいえ」なら、平林さんに屈することになるし、「はい」なら、本人がクズであることを広言することになるもんな(笑)

●はちまと刃と私
 私は、はちまや刃のブログに日参しており、もはや愛読者と言ってよい。
 ハードの値下げも、ソフトの新作も、第一報はここから得た。情報の早さは抜群であり、加えて、雑誌が無視するような洋ゲー、マイナーゲーの情報も網羅してくれており、大変役に立っている。ついでに、ゲハ論争やネガティブキャンペーンがおまけで付いてくるので、「また不毛なこと言っとるわ」と嘲ることまでできて、大変楽しくお得である。
 もちろん私は、ネガティブキャンペーンに乗るつもりは全くなく、アフィリエイトを踏むなどもってのほかである。
 メディアというのは本来、このように自分にとって身になるところだけ利用すればよい

 かつて、情報はマスコミだけのものであった。マスコミの情報は、法律、自主規制、上の人の思惑、などのフィルタを通って流される。大衆は、本当のことが知らされない、と不満を持った。
 ところが、ネット時代になって、大衆がメディアを持った。今までだったらマスコミが隠したであろうことも、すぐにバラされてしまうようになった。
 大衆は本当のことを知り、賢くなっただろうか。全然そうではない、と感じる。例えばゲハブログだ。それらは、掲示板の書き込みを編集し、まとめたものである。個人ではなく、スレの参加者の意見がまとめられたもの、ということで安易に同調してしまう読者が問題だ。実際には、それらの情報は、作り手の意図的な編集と抽出によって操作されている。ゲハブログの読者には、ゲーム誌の編集部が売り上げの数字などを操作することは非難するくせに、こういうことには無頓着で妄信的な者が多い気がする。

 つまるところ、読者が賢くなれば、ゲハブログの悪影響など取るに足らないものになるだろう。

●平林久和と私
 今回、この問題提起が平林さんの手で行われたことに、ある種の感慨をおぼえる。
Hirabayasi 肩書きがゲームアナリストと聞くと何やら怪しいが、その実績は紛れもなくライターや編集者としてのもの。取材し、まとめ、情報発信するという事にかけては、プロとしてのこだわりがある。粗悪なマスコミもどきが野放しになっている、ネット上の言論の現状については、忸怩たるものがあったのだろう。

 平林さんの実績として、「ゲーム業界就職読本」を挙げておく。92年当時、ゲーム企業への就職について、ほぼ唯一の情報源だった。この本があったからこそ、私は就職ができたのだと思っている
 その後も毎年出ていたが、ネットの普及に伴って、10年ほどで発行は終了。たしかに現在、ネットで何でも知ることはできるが、情報が拡散しすぎていて適度な内容を得るのが難しいと感じるので、このようなくくりで一冊にまとまった本は、今も必要なのかもしれない、と思ったりもする。

 とりとめがなくなってしまったが、議論の今後の進展に注目したい。

平林久和氏の「言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?」の反響

posted by Dr.K at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平林さんの問題提起・宣戦布告、色々な見方が出来て面白いです。
特に「幸せですか」の問いは巧妙で面白くわかり易い切り込みだと思いました。
アフィリエイト等で実益的に「幸せ」だったとしても、
いつ本格的に脅かされるかとハラハラする日々を過ごしていたら、
それは正に逃亡者の心情ですしね。

>大衆は本当のことを知り、賢くなっただろうか。全然そうではない、と感じる。
コレはまさに同意します。
メディアやお上にに踊らされるのは嫌うのにネットにはコロリと騙される。
愚かとしか思えません。(自分も人のこと言えませんが。)
ちょうど終戦記念日近辺ということで
当時のメディア(新聞・ラジオ・軍)に騙され、踊らされた60年前と対して進歩がなことにちょっとガクッときました。
Posted by ボブ at 2011年08月18日 07:26
>ボブさん
 いやいや、戦時まで引っ張り出すのは広げすぎでしょう(笑) しかし、今の私たちの方が賢い、などとうぬぼれないほうがよさそうです。
Posted by Dr.K at 2011年08月22日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック