2011年11月11日

「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」がやっぱりスゲェ その2

Uc302
 やっと砂漠に着いたと思ったら、すでにゲームが終盤でござった

 ネタバレになるので具体的な発言は避けるが、やっぱりスゲェ。アクション映画のハイライトシーンが次々にゲーム化されて現れる、何かの総集編のような作り。これはゲームではムリだろ、と思う場面がデモシーンではなく、平然とプレイヤーの操作に委ねられてしまい、何度も唖然とさせられる。ひょっとすると、ノーティードッグの連中は、未来から来たゲーム開発者ではないのか。
 また、同じマップを行ったり来たりして、少しでもデータを使い回そう、などというケチ臭い考えがないのも良い。むしろ、そのすごいビジュアルを一瞬で通過させてしまうのか、と驚くマップが多数。贅沢の極みである。敵の種類が少なくて、同じ奴が何度も出てきてしまうのはご愛敬(笑)

 使えるネタは本作で全部出てしまっているので、こりゃ続編はもうムリだな。

posted by Dr.K at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック