2011年11月23日

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」その1

 予約して購入。何しろゼルダですから、期待のほとんどが謎解きゲームの部分に対してのもの。「さあ、モーション+の実力を見せてみるがよい」くらいの感覚だったわけですよ。

 ところがところが。
 なんということでしょう。最初の舞台となるスカイロフトの村が、なんだかとてもいい感じ。まわりを固めるキャラクターも暖かく、すっかりそのストーリー性のとりこになってしまいました。こんなことはゼルダシリーズでは初めてです。

Zeldasky01

 んでもって、ヒロインであるゼルダが超かわいい。静止画でこの魅力が伝わらないのが残念です。デモシーンでの生き生きとした表情が素晴らしいんです。おまけに幼なじみでデレっぱなし(笑)。そりゃバドも妬くわけですよ。
 なお、主人公だけは毎度のことながら大根演技なので、役者の交代を求めます!

posted by Dr.K at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック