2011年11月24日

ドラマ「私が恋愛できない理由」でAKB大島が悲惨なことに

 まずはじめに断っておくと、私はAKBにほとんど関心がない。昨年くらいまでは、テレビで知らない女の子が出ている、と思った場合その1/3くらいがAKBという有様で、今年になってからようやく数人を判別できるようになった程度である。

 さて、「私が恋愛できない理由」は、今期放送中の月9ドラマ。ルームシェアで暮らしている3人の女性がメインキャストとなる、極端に女性視点の恋愛ものだ。その三人を演じるのが、香里奈、吉高由里子、大島優子。大島はAKBからの大抜擢で、ドラマ出演経験豊富な香里奈や、映画に引っ張りだこの実力派である吉高と渡り合っていくことに。
 正直大島への期待は低く、足を引っ張ってくれるな、と思って見始めたのだが、意外にも普通に見られる演技をしてくれていて、ひとまず胸をなで下ろした。
 ところがである。
 物語が進むにつれて、おかしなことになってきた。ストーリー上で、大島一人だけが扱いがひどいのである。
 香里奈の物語は、気心の知れた仕事の同僚と、新しく出会った男との間で揺れ動くというもの。このドラマでは、男は意図的にさえない感じに描かれるのだが、どちらの男も性格は良く、選び甲斐のある状況設定と言える。
 吉高由里子は、既婚の男性とのプラトニックな恋愛、しかし不倫なので危ういシチュエーション。もともとはキャバクラで働いて客と寝るなど、軽い女だったのが、偶然の出会いから純な恋愛に目覚めていく。吉高にピッタリで、好感度も上がるオイシイ役回りだ。
 ところが大島はどうか。はじめに惚れた上司はすぐ他の女と寝るような男のクズ。新しい彼は草食系弁当男子、と一見フェミニストのようだが、つき合ってみると女を束縛し、ネチネチとストーキングに及ぶ勘違いイケメン。不遇すぎる。その上、当の大島の悩み方も、バージンがどうのとか、セックスで感じないとか、信じ難いゲスいセリフを毎週口にさせられており、シナリオを通じたAKBいじめのごとき様相を呈している。
 最終回までに挽回されるのかもしれないが、ファンならこんな汚れた大島は見たくなかったと思うのではないか。かわいそうな大島を見て楽しめ、というのならバッチリの内容ではあるけれども。

posted by Dr.K at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック