2012年01月04日

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」その4

 ついにラスボス戦に突入。長時間たっぷりとプレイしてきましたが、いよいよ終わり、となるとなんだかもったいない気持ちに。この感慨は名作の証拠です。

 さて、ここからはネタバレ有。「トワイライトプリンセス」のときもやりました、ダンジョンレビューといきましょう。

【フィローネの森の神殿】
過去のゼルダのつもりでプレイして、色々と痛い目に遭う。スタルチュラが強くて閉口。初登場の道具、ビートルがここでいきなり登場。道具の性質上、今後は見えないところにも謎解きの鍵があることを予想しなければならない。高難度の出だしに身震いする。★★
【オルディン火山の神殿】
火山と言えばゴロン族。と思ったら、本作ではモグマ族が登場。恒例の爆弾活用ステージだが、今回は、ボーリングのように転がすというテクニックが加わり、さらに複雑に。ただし、爆弾を投げるときの軌道などは事前に見えるので使い勝手は良くなった。★★★
【ラネール錬石場】
ビートルがパワーアップして爆撃機に(笑) こりゃ楽しい。そして、時空石を使った仕掛けが斬新で面白い。そしてさらに魔法の壺。このダンジョンだけでこんなに詰め込んで充実しすぎだ。★★★★
【天国と地獄】
新たな道具、ムチの使い方はイマイチ。蓮の葉の裏返し方に気が付かず往生した。しかしながら、仏像をモチーフにし、地下に地獄が広がるダンジョンの雰囲気は最高。大仏を動かす豪快なギミックも素晴らしい。★★★★★
【幽霊船】
お馴染みのクローショットを入手。「トワプリ」よりずいぶん使いやすくなっている。砂漠を船で突き進む、という斬新なビジュアルに舌を巻き、時空石を使った高度なパズルに感服。なんという完成度の高さ。そして、最も普通の道具である弓矢が今さらの獲得となったことに驚く。★★★★★
【火山山頂】
剣を適当に振ったら水の実が突き刺さった、という偶然がなかったらおそらく永遠にクリアできなかった。モグマグローブで地下に潜っての謎解きも登場。地下に、ムカデ以外にも何か敵がいると良かったかも。★★★★
【水没した森】
勇者の詩集めその1。オトダマを回収するミッション。ただ探せばいいのではなく、工夫して隠されているのでたまったものではない。以降の詩集めもこんなのだったらやばいな、と思ったら…。★★
【占領された火山】
勇者の詩集めその2。ここもオトダマ集めかと思いきや、いきなり身ぐるみをはがされて、スニーキングミッションのスタート。レーダーはないが、敵の視野はとても把握しやすく、遊び方が分かりやすいのには感心する。★★★
【時空石トロッコ】
勇者の詩集めその3。いやはや時空石ギミックはいちいち面白い。なお、ロボットたちの言葉をよく読むと、時空石の効果範囲内でしか生きられないことを理解しているらしいことがわかって、ちょっともの悲しい。★★★
【トライフォースの迷宮】
迷路の構造自体を組み替えさせるとは、壮大なギミックに度肝を抜かれる。まさにここまでの集大成的な内容。これ以上続くとしんどいかな、という頃合いで部屋の出入り口に到達するバランスが絶妙。★★★★

次回はボスキャラレビューを予定しております。

posted by Dr.K at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三箇日を過ぎてしまいましたが、
明けましておめでとうございます。
私は【天国と地獄】のあの糸と、その後のありがたい宝の仕掛けのせいか、
くされボコブリン達にももの悲しさを覚えます。
Posted by ばうんC at 2012年01月05日 23:54
あれは、夢中になって戦っていると自分も死にますよね(笑)
Posted by Dr.K at 2012年01月06日 20:30
明けましておめでとうございます。
ゼルダクリアしやしたぜ!…弟がw
エンディングも楽しめるゲームでした!
Posted by 太い子 at 2012年01月07日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック