2012年01月09日

25周年記念パックで初挑戦 「ドラゴンクエスト」その1

 同梱の特典だけ見て、プレイしないというのもいかがなものか、と思ったので、「ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III」(タイトル長すぎ)の「ドラクエ1」(スーパーファミコンバージョン)を開始。実は、ロト三部作はプレイしたことがなく、これが初挑戦となる。

●王様の部屋
 ここを出るまでに、ストーリーの説明、「はなす」「しらべる」「とびら」の使用、と基本操作をこなす。見事なチュートリアル。

●海をはさんで竜王の城
 そうそう、この景色とこの音楽。実にいい雰囲気だ。スライムなどをあしらいつつ、着々と成長させていこう。ところが…

●死んでしまうとは(以下略)
 困ったことにやたら死ぬ。6と8はクリアしているので、まるっきり初心者というわけではないのだが、何しろ一人旅でパーティーで助け合うことができないため、強い敵と会うと確実に詰む。「にげる」の成功率も、以降のシリーズより低い気がする。

●死んでしまうと(以下)
 他の町に着いて気が付いたのだが、セーブポイントがない。ラダトームの城まで戻らないとセーブできないので、行けるところまで行く、という態度ではまず生還できない。そのうえ所持金が半分に。これは最近のゲームにはないきつさ。

●魔法の鍵
 リムルダールでこれを買うことで、世界中の鍵が開く。こんな豪快な設定は最近のゲームでは見ない。一度開けても再び来るときにはまた閉まっている、というのにびっくりした。これも最近のゲームではありえない仕様。

●新しい呪文をおぼえた!
 さすがにホイミなどは憶えているが、わからないものがいくつか出てきた。選択しても、機能説明が一切ないので、使ってみて知るしかない。とりあえずレミーラでたいまつが不要と言うことがわかった。

●死んでしまう(以)
 いつも通っている地下道で姫を発見する。えらい半端なところに幽閉されてるな(笑)
 で、門番のドラゴンに喧嘩を売ってあっさり殺される。レベルを上げたり、装備を改めたりして挑戦するが、何度やっても死ぬ。こういう容赦のなさは久しぶりで泣きそうだ

●ガライの墓
 こっちを先に攻略することに。例によって生還しないとセーブできないので、緊張感が半端ない。深くもぐって、敵も強くなってきたよ〜、ヤバイよ〜、と思っていたらレベルが上がり、脱出魔法リレミトを習得。ひゃほ〜い、なんというありがたさ。

●ローラ姫「そんな、ひどい…」
 雨雲の杖も手に入ったところで、例のドラゴンに挑む。なぜか会心の一撃が3連発で勝てたのだが、何かフラグが立っていたのか、それとも偶然なのか。
 それにしても、地下道の中なのに、赤絨毯がしかれているし天蓋付きベッドまであるこの幽閉部屋は、なんともシュールだ。

Dq1004

posted by Dr.K at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何たる奇遇、自分も年始の空いてる時間でドラクエ1やってましたよー、超最新機種ゲームボーイアドバンスでw
自分も初見だったので、ブログの記事に書かれてるほぼ同じようなことを思いましたよw
しかし、途中までは攻略サイトを見なくても、いけたのですが、ちょうどローラ姫救出以降は、サイトを見ないとクリアーできませんでした。
次は2に挑むつもりなので、次の記事も楽しみにしています。
Posted by おんたま at 2012年01月10日 15:17
ウェブの情報を見ると、
・姫を救出せずにエンディング
・姫をだっこしたまま竜王戦
などの例が出てますね〜。すごいフリーダムです。
Posted by Dr.K at 2012年01月11日 07:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック