2012年02月11日

閉塞を、笑え。 「非情口」

 先週は、毎年恒例の卒業制作発表会でした。複数の部屋で同時開催されていたので、すべてを見て回れた学生は少なかったものと思われます。

 今回は、制作チームの了承を得たので、ムービー部門の傑作「非情口」をご紹介。Hijyo2

 「非情口」は、非常口でお馴染みの、あのピクトグラムを主人公にした短編ギャグムービーです。

Hjjyo2
 最新の3DCGで、奴が完全再現されているだけで笑えてきます。赤いネクタイがチャーミングなのですが、これがないと前後がわからないので制作の支障になるから、という理由で付けられたそうです。

Hijo03
 モデルは極限までシンプルですが、そのぶんモーションや編集はこだわって作られており、生き生きと動くキャラクターからは、感情までが伝わってきそうです。

Hijo02
 日頃自分が案内している非常口から、本人だけがどうしても出ることができない。このストーリーの発想は、作り手が感じている社会への閉塞感が反映している、などと言ったらうがちすぎでしょうか。
 今後、この作品はコンテストや就職活動に使われていくとのことなので、ぜひ突破口を開いていただきたいものです。

posted by Dr.K at 15:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかすぎて…
Posted by 太い子 at 2012年02月12日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック