2012年02月23日

「AVATAR」地上波放送

 先日、地上波初放送となった「アバター」を観た。
 私は、この映画は公開時に3Dで観ていたのだが、ストーリーが面白い事以外に、今回の視聴では発見があった。テレビ放送なのでただの2D映像になってしまうのだが、潜在意識はかつての3D体験を覚えているらしく、「このクラゲの浮遊感はよかった」とか、「このガス弾が客席に飛び込んできてすごかった」とか、細かいことを次々に思い出したのである。どうやら、3D映画は、一度体験しておくと、きっかけがあれば感覚は思い出せるものらしい。なんか得した気分である。

posted by Dr.K at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック