2012年03月15日

25周年版で目指せ完走 「ドラゴンクエスト3」その4

 バラモスを倒す頃のうちの盗賊。頭に黒頭巾、上着はスーツ、手にはムチ(ドラゴンテイル)。

 どう見ても立派な変質者です。

●開拓者
 北米のあたりを探索。まず、塔があったので攻略すると、やまびこの笛を入手。
 次に、大西洋側へまわると、怪しい空き地があり、そこへ入ると開拓者がいた。彼は「商人を連れてきてほしい」と言う。で、商人を作って連れてくると、そのまま置いていく展開に。これ、一応「レベルが低くても良いから」と言ってくれているけど、パーティーに普通に商人を加えて育てていたプレイヤーにとっては、とてつもない損害となる可能性がある。もっとも、そんなプレイヤーはほとんどいない、ということを見越しての作りなのかもしれないけど。
 その後、超入り組んだ水路を航海して、スーの村へ。あの開拓者、インディアン(スー族)だったのか。ここで、「乾きの壺」の情報を得る。

●最後の鍵
 エジンベアでは、門番が通してくれないが、「消え去り草」を使うと入れる。ここで使うのか! このアイテム、ランシールで買ったときは、何の役に立つのかさっぱりわからなかったのだ。いったん侵入すると、中の人につまみ出されたり文句を言われたりすることもなかったのは意外。英国紳士は鷹揚なのだ(笑)
 城の地下では、まさかの「倉庫番」式パズルを解き、乾きの壺を入手。
 海の怪しいところで、壺を使うと、ほこらが隆起し(なんか2にもあったな、この仕掛け)「最後の鍵」を獲得した。

●変化の杖
 最後の鍵で、世界中の囚人を解放して回っても良いのだが、まずは北極近くにある旅の扉を開けねばなるまい。
 ワープした先は、サマンオサ。性格が変わってしまった王によって、圧政が行われている国だ。処刑された市民の家族が墓参りしているのが、ドット絵でも心に訴えてくる。さて、勇者様ご一行も、牢に放り込まれたが、最後の鍵であっさり脱出。洞窟でラーの鏡を得て、偽王の正体を暴く。変化の杖、奪取。
 王が戻った後、城の女中が「これでもうムカデやゲジケジを料理しなくて済む」とか言っていたのが妙に印象的。

●船乗りの骨
 北極のあたりに、変化の杖を欲しがっていた老人がいたので、渡したら「船乗りの骨」をくれた。海賊のアジトで聞いた話だと、これがあると幽霊船と遭遇するらしい。
 使ってみると、座標が示され、幽霊船を見つけることができた。しかし、真っ昼間の地中海で、陸にぶつかってもたもたしている幽霊船なんて、雰囲気も何もあったもんじゃないな。船内を探索し、「愛の思い出」を入手。

●愛の思い出
 このこっぱずかしいアイテムを使う場所はあそこしかない! ということで、恋人の呪いで船を通さないと言う岬へ。ところがここで苦戦する。海峡を一歩一歩進みながら、使うのだが反応がない。夜に来たり昼に来たり、岬に上陸してみたりと色々試すができない。もういい加減あきらめかけたとき、ようやく使えた。正解は、呪いで押し戻された後、その場で使うこと

●シルバーオーブ
 岬を通ると、勇者サイモンが死んだという牢獄へ。世界を回って得た断片的な情報が、徐々につながってくる展開の妙、うまいなあ。ガイアの剣を見つけた。
 で、この剣を火山に奉納するのだが、私は、火山がダンジョンになってて、自分で登るんだとばかり思っていた。なんと、フィールド画面のまんま、火口へ放り込みやがった(笑) 溶岩が流れて新たな道が。「2」の水門の鍵と同じようなものだったのか。
 その先は、強い敵、複雑な洞窟が待ち受けており、地図をメモしつつどうにか通り抜ける。シルバーオーブ獲得。やっと2個目かよ、クリアできるのかこれ。

●イエローオーブ
 北米の開拓地に立ち寄ると、商人と二人でせっせと建設中。もしやと思い、何度も出入りしてみると、どんどん町ができてくるシムシティ状態。ここだけ何年経っているのか。イエローオーブ獲得。
 あ〜、しかし町の名がエリンバーグか。商人の名前、「ハン」とか「リンド」にしとくべきだったなあ。

●ブルーオーブ
 ランシールでは、「神殿が見つからない、私の探し方が甘いのだろうか?」と、おたおたしているキャラがいるが、それまさに俺。また町の外周かよ!
 ここは、一人で探索しなければならないという試練。しかし、ここまでの旅で育ちすぎているうちの勇者には楽勝であった。ブルーオーブ獲得。

●レッドオーブ、グリーンオーブ
 ほんと、外周はやばいわ。どのくらいやばいかと言うと、イシスの「星降る腕輪」を今見つけたくらい。レッドオーブも海賊のアジトの外周。グリーンオーブなんか、忘れかけていた村の最奥。

Dq34

●ラーミア復活
 というわけで、オーブが揃い、ラーミア復活! おお、このスーパーファミコンの機能を生かした浮遊感、素晴らしい。ラーミアの操作、しばらく四苦八苦したけど。
 ここまでプレイして思ったこと。つまり、ドラクエのシナリオは壮大なわらしべ長者なのだ。この割り切りがあるから、迷いそうで迷わないのだなあ。

posted by Dr.K at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック