2012年03月19日

「風ノ旅ビト」その1

 「風ノ旅ビト」は、PS3のダウンロード専用タイトル。1200円。同じ開発会社による「flOw」か「Flowery」を持っている人は、1000円で購入できる。

Journey1

 傑作である。クリアまでわずか2時間しかかからず、ゲーム的なやり応えはないに等しいが、一見の価値があるという点では、大作ゲームの数々すらしのぐ。
 まず、どこを切り取っても美しい風景。細かい砂を踏みしめて歩くリアルさ、砂に煙る遠景、夕日を照り返して輝く砂、月明かりに白く輝く砂、吹雪いたりちらついたり様々な表情を見せる雪、等々。芸術的なセンスと高度なプログラム技術とが見事に連携し、アンチャーテッドをもしのぐ風景が実現している。ステージが代わるたびに、あまりの美しさに息を飲み、そこを動き回れることそのものが喜びとなる。
 砂漠、寺院、雪山と続くモチーフは、チベットかネパールあたりの仏教かマニ教を思わせるが、それをアメリカの開発陣が再構築したことで、無国籍な世界観ができた。
 見せたいこと、伝えたいことだけを、ぱっと表現して終わる潔さも美しい。色々な意味で真似できないゲームである。

「風ノ旅ビト」公式

posted by Dr.K at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック