2012年04月30日

GANTZ / PERFECT ANSWER

 原作のマンガを読んでいなくて正解。キャストやストーリーの違いに困ることなく、予想以上に楽しむことができた。

 ビジュアルが相当面白い。死者が集められるガンツの部屋が、どう見てもただのマンションの一室という不可思議さ。スーツや武器のレトロなテイスト。そして、ふざけているとしか思えない姿の宇宙人との戦い。生死がかかっている真剣味を意図的に茶化しており、ガンツゲームの主催者はかなりの悪趣味だ。
 ところが、続編「PERFECT ANSWER」では、監督が変更になったのではないか、と思うほど作風が変化する。人間のアクションを追求した映像作りになっており、特に地下鉄でのバトルなどは、邦画もついにこういうことをやり始めたか、と感心する出来。
 全体を通して見ると、マンガとの比較を抜きにしても、キャスティングに問題が多い。玄野役の二宮は、ころころと性格が変わっており、結局どんな人だったのかよくわからない。多恵役の吉高は、内気でしおらしいキャラが似合っておらず、ミスキャスト。岸本役の夏菜は存在感がありすぎて、後半絶対カギを握ると思っていたのに、生き返って活躍する機会もなくてがっかり。逆に良かったのは田口トモロヲ。原作と違うと非難囂々らしいが、小心な親父を好演していた。また、「マイマイ新子」の水沢奈子が、黒服星人の一人としてセーラー服で剣戟を演じていたのには驚いた。あの部分だけ別のB級映画だ(笑)

 それにしても、マンガが終わっていないとは言え、謎を明かさずに強引にハッピーエンドに雪崩れ込むのを、PERFECT ANSWERと開き直るとは。だが、4時間かかって「世にも奇妙な物語」の長編新作を見たと思えば、むしろ良くできた内容と言える。

奇抜性    8
アクション性 8
整合性    3
個人的総合 7

posted by Dr.K at 11:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

GANTZ PERFECT ANSWER : 観たいなぁ、ハリウッド版(2)
Excerpt: 本日紹介する作品は、昨日紹介した作品の続編です。 【題名】 GANTZ PERFECT ANSWER 【製作年】 2011年 【製作国】 日本 【鑑賞手段】 DVD 【おすすめ度】 おすすめ..
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-07-13 20:49