2012年05月15日

ソーシャルゲームに対する反応に違和感

 「コンプガチャ」の自粛が話題である。
 昨年から、やたら景気のいい話が続いていた「ソーシャルゲーム」業界の初のつまづき。株価は暴落するわ、各ゲームは対策に追われるわで大騒ぎである。

 ただ、あまりにも野次馬の声が大きい。ここぞとばかりに「ほうら見ろ」とはやし立てる声にはうんざりである。新清士のツイートには、私も考えさせられた。
 
一方で中学生の子のメールで、自分で使う金額を決めてちゃんと遊んでいるのに、どうしてコンプガチャ禁止にするんですか、という問いに、私はちゃんと答えられなかった。ゲームを作る人がもっとおもしろいソシャゲを作ってくれる、としか言いようがなかった

「コンプガチャ」の商法は決して誉められたものではない。しかし、そんなゲームでも節度をもって遊び、ファンとなるユーザーがいる。そのことを忘れてはいけないと思う。
 私が思うに、これらのユーザーの多くは、お金がなくて仕方なく無料ゲームをしている、のではなく、「ソーシャル」という新しい遊びを見つけたのだ。このジャンルが潰れたところで、彼らが家庭用ゲームに回帰するわけではない。「ソーシャル」という敵を倒すことで、家庭用ゲームの景気がV字回復する、などと想像するのはお気楽な妄想に過ぎない
 ネガティブキャンペーンは、何も生まない。ユーザーを引きつけるのは新しい遊びの魅力、それだけだ。

posted by Dr.K at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック