2012年06月26日

今さらながら「アオイホノオ」

 今さらながら、「アオイホノオ」を借りましたが、噂に違わぬすげえマンガです。
 作者、島本和彦の芸大時代を、毎度お馴染みの主人公「焔燃」となって追体験する内容なのですが、
Aoi_2
↑出た瞬間に庵野だとわかって笑ってしまいました。
 さて、彼らは大学の授業で、手描きのアニメを作るという課題を出されます。その出来に自信のあった焔燃でしたが、庵野のすごい作品を見て大いに打ちのめされます。なんと、その実物が、You-Tubeに上がっていました。

へたな鉄砲&じょうぶなタイヤ

いや〜、素晴らしいですね。そして忘れちゃいけないのが、島本がこの作品のすごさを、マンガの中で静止画で伝えているすごさです。これはもうリベンジと言えるのではないでしょうか。

 ついでに、若い女性なのに、こんなのを持ってて貸してくれるあんたもすげえよ。

posted by Dr.K at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック