2012年06月30日

「アイマス」は三流のビジネス

 任天堂の場合。
 「ポケモン」はブラック・ホワイトの2バージョンが発売される。
 両方買っちゃう豪毅な人もいるが、バージョンの主旨は、どちらかを買って交換を楽しみましょう、ということだ。ゲーム性にリンクした、根拠のあるバージョン分けだ。

 一方のバンダイナムコ。
 PSPで発表された新作「アイドルマスター シャイニーフェスタ」は、3バージョンだ。
 これは、熱意のあるファンが、一人で3つとも買う、ということを狙った分割商法の匂いが濃い。AKBもそうだが、ファンから、とれるだけとっておこう、という商売は、収益が上がるかもしれないがゲスい。客を見下している。こんなことだから、「アイマス」はいつまでたっても三流なんだ、と思うと悲しくなる。

 実は今、「アイドルマスター シンデレラガールズ」をプレイしている。
 数あるソーシャルゲームの中でも、特に課金が激しく、コンプガチャ問題でもやり玉に挙がったゲームだ。
 しかしこのゲーム、実は相当良くできている。踊りも歌いもしないアイマスに何の意味があるのか、と最初は思っていたが、限られたシステムの中で、キャラクターの魅力を巧みに伝えている。何より、総勢100人以上にのぼるキャラクターが出るのに、その水準が異様に高い。作り手のキャラへの丁寧な態度は、実はヘタなコンシューマゲームを越えている。
 このように良いゲームが出来ているのに、ゲスな商売根性のせいでイメージダウンされているのは、本当にもったいない。儲かれば勝ち、みたいな発言が、ネットを通じて聞こえてしまうのも嫌な風潮だ。
 アイドルのゲームが夢を売れないなんて、どうかしている。だから「アイマス」は三流のビジネスである。

posted by Dr.K at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック