2012年08月06日

「カルドセプト」その4 邪神光臨

Culdcept3

 最終ステージは「天空の祭壇」。荒ぶるバルベリトとラスボスの二人を相手に戦う。ドリームキャスト版ではここまでたどり着くことが出来ず、今回が初挑戦。感慨深い。

 最後だけあって、過酷なステージである。ラスボスとやり合っている隙に、バルベリトが強力なカードで着々と陣地を固めてゴールする、という展開が続く。
 もういい加減あきらめかけたその時、救世主となるカードが手に入った。
 その名はケルピー。
 数字だけ見ると弱っちいが、こいつには、サイコロの目に関わりなく相手を止まらせるという凶悪な機能がある。防具カードをわんさと入荷し、ケルピーの陣地を守れば、たちどころに料金所の完成。
 あらゆる特殊能力を封じるシーボンズ、高レベルの土地では無敵化するアプサラスと合わせて、3匹の曲者がどっかと陣をはれば、さすがのバルベリトも手も足も出ないどころか、ケツの毛まで抜かれて真っ青である。うはははは。

 ストーリー上では、この試合に勝つと邪神の誕生を防いだことになるのだが、どう考えても別の邪神が光臨したようにしか思えない。恐るべしケルピー。こいつはプレイヤーの性格まで変えてしまうカードだ。

posted by Dr.K at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック