2012年09月17日

注目WiiUソフトメーカー その1 −プラチナゲームズ−

 先週は、Wii Uの発売日とラインアップが公開された。相変わらずプレゼンが素晴らしい。

Nintendo Direct Wii U Preview

 以下、この映像を見て気になった所をピックアップしていくことにする。
 まずは、プラチナゲームズに関して。

●The Wonderful 101
 ついに「ビューティフル・ジョー」が戦隊ものになったか、と思ったのは私だけではあるまい。何しろ100体合体、アクションゲームで無茶をするのが芸風のプラチナゲームズらしい新作だ。
 とにかく、新ハードできっちり新規タイトルを用意してくる、という所を評価したい。大手メーカーの多くが、バージョンアップやHDリマスターでお茶を濁しているがそれでは市場は縮小するばかりで開拓されない。プラチナごときに新作をリードされる現状を恥じて欲しい。

●Bayonetta2
 はっきり言って、今回の発表で最も驚いたのはこのタイトルの発表。
 続編が出ることには驚かないが、PS3や360とのマルチではなく、WiiU独占、しかも任天堂販売での登場と言うことに驚いた。前作のパブリッシャーであるセガは、この現状をどう見ているのだろう。この手のアクションゲームは、PS3市場では飽和状態なので、存在感をアピールできるWiiUに乗り換えた、ということなのだろうか。

 プラチナゲームズでは、この他、コナミの「メタルギアライジング」も開発中である。今回の発表で、メーカーの元気ぶりがわかったのは良かった。WiiUでぜひ存在感を示して欲しい。

posted by Dr.K at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベヨネッタ2は確かに衝撃でした!
Posted by 太い子 at 2012年09月17日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック