2012年10月21日

踊る大捜査線 THE MOVIE

 現在上映中のFINALじゃなくて一作目。そんなに昔とは思わないのだが、ブラウン管モニターのバカでかいPCや、無骨なノートPC、チャット画面が古くさくて驚いた。

 う〜む、面白い。まず何と言っても、主要キャストがみんな若くて元気なのがいい。織田の青臭さも似合っているし、いかりや長介は健在だし、ユースケは今より貧相だし、所長以下三バカの髪も黒々としている(笑)
 そして、もう一つ実感したのが、「踊る」の本質はコメディーにあるということ。警察組織の下々の者が、軽いノリでバカをやるのがいいんだ。この映画なんかは見事にそれで、開幕から張り込みと思わせておいて実はゴルフ大会。しかし、その大会の景品が、事件解決にちゃんと生かされてくるわけ。小泉今日子演じるサイコな殺人犯にクローズアップすれば、いくらでも恐い話にできたはずが、誘拐犯人は大した奴じゃなくてあっさり解決。そして何より、青島刑事が負傷する感動の見せ場を作っておいて、直後に落とすシナリオ。この刑事物らしからぬ陽気さが「踊る」なのだ。
 ところが、年を経るとバカバカしいところはすっかり忘れてしまって、名セリフとかかっこいい場面しか思い出さない。これがそもそも間違いのもと。そのうえ、キャストが老けて貫禄が出てくると、あまりバカをやってもいられない雰囲気になってくる。そこで、新作になるほどかっこよさや感動を前面に出そうとしてくるのだが、それは違うのだ。
 ドラマ版の中で交わされた、青島と室井の約束が、「THE MOVIE」でもきちんとストーリーの柱となっていてブレがないことにも感心。この身分違いの友情が「踊る」のオリジナリティーなのであって、最近は昇進した青島係長が「みんな仲間だ」というメッセージをやたら発したがっている気がするが、そんなのは非常に陳腐だ。
 FINALで初心を取り戻しているのか、それともキャラ人気に頼った公式同人に成り下がっているのか、ぜひ確かめてみたいものだ。

余談:チャットするときなどにかかる不気味なBGMが、どうも聞き覚えがあると思ったら「ポピーTHEぱフォーマー」だった。まさか「踊る」からパクっていたとはね。

オープニング 8
事件適当度 8
なつかしさ 8
個人的総合 8

posted by Dr.K at 11:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

踊る大捜査線 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優
Excerpt: 踊る大捜査線 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど
Weblog: Nowpie (なうぴー) 俳優・女優
Tracked: 2012-10-25 08:50