2012年11月28日

「ポケットサッカーリーグ カルチョビット」6年目

 チーム創設6年目にして、ついに最上位リーグであるN1に昇格した。
 前年はN2で2位の成績を残し、入れ替え戦に勝てば昇格、と言うぎりぎりの状況。その入れ替え戦が大変な接戦となり、同点に終わった挙げ句、PKで勝ちをもぎとった。なんという盛り上がり。このゲームはドラマ生成機能でも仕込まれているのではないか、と疑ってしまう。

↑1位チームの最強GK相手に、外人コンビが無理矢理ゴールを奪う

 N1のチームはさすがに手強く、今シーズンはどうにか勝率5割。上位争いに絡めなかったものの、メンバーが力をつけてきたので来期以降が楽しみだ。そして、シーズン終盤には、DFの〈きとう〉が、日本代表に選ばれるというサプライズがあった。この選手、かつては活躍できず、解雇も検討されていた選手だったのだ。ほんと、このゲームはドラマ生成機能でも仕込まれているのではないか。

posted by Dr.K at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルチョビットでおなじみの西野朗監督は解任されてしまいましたね。あそこのオーナーにこれやらせてみたらどうか。
Posted by Sash at 2012年11月29日 00:18
いつも思うのですが、サッカーは監督解任早いですよね。
野球なんか負け続けてもゲフンゲフン
Posted by Dr.K at 2012年12月02日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック