2012年12月09日

「龍が如く5」その1 ゲーセン探訪記

 年末年始はこの超大作で決まり。
 PS3本体のアップデートを命じられたと思ったら、その後は史上最大8ギガのインストールが待っており、ゲームを始めるのに小一時間かかった。WiiU購入時の本体アップデートに全く負けていない(笑)
 歌がフニャフニャのメロディーに氷室のか細い幽霊声、アバンタイトルでは桐生の変装に、確かにヤクザには見えないけど変質者だろ! とゲームが始まる前からツッコミに忙しい。
 チュートリアルも兼ねて、社長が中洲いや永洲を案内してくれるのだが、この社長がチンピラやヤクザに喧嘩を売る困った酒乱。桐生が来るまでの間、よく生きていられたな

 ようやく自由に散策できるようになり、訪れてみたのがゲーセン。素晴らしい。歴代最高の出来である。
 UFOキャッチャーは、ぬいぐるみ山積みの昔風のものではなく、一つの景品を狙う今風の仕様になっていた。難易度も現実に近い極悪さである(笑)
 新しくプリクラが登場。撮るだけなのにきちんとゲーム性がある。写真がいちいちおかしいし、何よりプリクラ帳を持ち歩いている桐生が笑える。
 太鼓の達人。他社製品が遊べるとは驚き。実はプレイしたことがないので、こんなところで初挑戦となった。
 そしてとどめにバーチャファイター2
Ryu5_01
サターンの頃には、このゲーム単品に7800円くらい払っているのだが、全部入りとか太っ腹にもほどがあるだろ! 弱設定の台で久しぶりにプレイしたのだが、思うように動かせず、全然勝てない。ブランクが長いせいか、と一瞬思ったがそうではなかった。昔はアーケードスティックでプレイしていたからだった。 コマンドもかなり忘れているので、セガサターンマガジンを引っ張り出して復習することにしよう。
 こんなんだから、ちっとも先へ進めない…

posted by Dr.K at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック