2012年12月20日

珍品堂が勧める2012年のゲームベスト3

 セールスで言うと、「ポケモン」「Newマリオ」「どうぶつの森」で、任天堂無双の一年でした。しかし、これらを全くプレイしなかったとしても、まだまだ名作はあるんです!

第3位 風ノ旅ビト
 風景の美しさ、沁みるサウンドなど、誉めるところはいくらでもありますが、一期一会をゲームで体験させるという発想がすごい。このようなオリジナリティで突出したタイトルが、PS3のダウンロード専売タイトルには時々潜んでいるので油断がなりません。

第2位 ポケットサッカーリーグ カルチョビット
 シンプルなドット絵とわずかなパラメーターだけで表現されたサッカー選手。プレイを続けていると、彼らが人格を持ったかのように生き生きと感じられるのだから驚きです。想像力を喚起する魔術的な作りで、飽きずに延々と楽しめてしまいます。

第1位 龍が如く5 夢、叶えし者
 まだ桐生編しかプレイしていませんが、今年のベストとさせていただきました。過去作のすべての要素が巧みに改良され、新規ゲームもてんこ盛り。本編ストーリーの先行きは不明ですが、アナザードラマが充分面白いのでもはや不問。画像は、近江連合若頭の渡瀬。世界一のヤクザ顔としてCG史に残るでしょう(笑)
Ryu5_99

posted by Dr.K at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック