2013年02月10日

「龍が如く5」その7 金策奔走記

 歌舞伎いや神室町に4人の主人公が集まり、あとはカチこみをかければ多分エンディングというところまで来た。アイテムや所持金が共通になり、何をやるのも余裕である。
 ところが!
 神室町にある最後のキャバクラを攻略中に事件が起こった。

Ryu5_07
 イベントが起こり、ひなた嬢を助けようとしたら、なんと500万もの大金が要求されたではないか。
 その時の所持金、100万強。全然足らん。南田のゲーム機に投資したり、ワークス上山に投資したり、桐生で善人ぶって沖縄に仕送りしたことを後悔。まことにケツの穴が小さく、漢気のかけらもない主人公達である。さっそく金貸しの秋山を金策に走らせることになった。

 このゲームで稼ぐ方法は色々ある。カジノにイカサマアイテムを持ち込むあたりが一番効率が良さそうだが、冴島で北海道の熊を狩り尽くすという地道な方法も可能だ。

 私が選んだのは、麻雀である。
 普通に勝ったのでは、数万しか儲からない。ところが、何度か店の常連と打っていると、桜木章吾なる雀士が登場。(桜井章一氏のパチもんだよね、これ)
 彼との超高レート麻雀に勝てば、一局で150万稼ぐことが可能だ。
 温存してあったイカサマアイテムで2度勝ち、さらに「今日はラッキー」のメールが来たときに戦ってもう一度勝った。これで足りる! 短時間で稼げてなかなか効率が良かった。

 このイベントでは、500万を消費するわけではないので、クリア後に大金が手元に残る。最後にシャンパンタワーを注文してやったぜ、ワイルドだろ〜。

posted by Dr.K at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそう
Posted by hal at 2013年02月11日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック