2013年03月04日

とあるブラゲのサービス終了

 約一年プレイしてきた「プロ野球チームをつくろう! ブラウザ」が、2月末にサービス終了を迎えた。アイテム課金制のゲームだが、無料でもけっこう遊べてしまうため、儲からなかったのだろうか。
 私は、他に継続してプレイしているブラウザゲームはなく、ゲームの終了を経験するのはこれが初めてである。だが、この終わり方はあまりにひどかった。

 終了に先立ち、まず課金アイテムの販売が止められた。また、このタイプのゲームでは、期間限定イベント=課金アイテムの使用促進であるので、イベントも以後行われなくなった。
 本ゲームは、野球の1シーズンを11日かけて消化する仕組みになっている。最後と思われるシーズンを迎え、プレイヤーは思い残すことのないようそれぞれに戦った。今までため込んでいた資産を放出したのであろう、いつもよりハイレベルな争いになったような気がする。
 ところがである。
 サービス終了まであと4日となったその日、いつものように新シーズンが始まったのである。日にちがないので、このシーズンは終了までプレイすることができない。常識的には、前シーズンでゲームを停止すべきだが、その程度のメンテナンスもしないとは。収入のない所には一銭もかけないと言う意志が伝わってきた。
 さて、中途半端にシーズン中となった終了当日。接続してみて驚いた。ゲームができないどころか、Yahooモバゲーのメニューからきれいさっぱり消えている。終了のお知らせページもなければ、掲示板も残っていない。一緒にプレイした人に、挨拶の一つくらいしておこうと思ったのだが、それすらもできないのだった。
 ゲームやデータが残らないと言うことは承知していたが、思い出も残せそうにない打ち切りっぷりにがっかりするやら呆れるやら。私は本当にこのゲームをやっていたのだろうか。もしかしたら幻でも見ていたのではないだろうか。

Pttb
画像は、一安打(本塁打)だけで勝った迷勝負の記録。(クリックで拡大)

posted by Dr.K at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック