2013年04月14日

ドラゴンズクラウンの美術の素性が早くも暴かれる

 ヴァニラウェア期待の新作、「DRAGON'S CROWN」。発売は7月末と、まだまだ先です。

Micky
 このゲームのアートワークは、ちょっとした一枚絵に至るまでいちいち秀逸です。ところが、海外には熱心なファンがいるもので、短いプロモーションムービーの中から、数々の元ネタを発見してまとめてしまいました!

From Mickey Mouse to Jesus, This Dragon’s Crown Trailer is Full of Epic Homages

 記事は英語ですが、比較の画像を追うだけでもだいたい分かると思います。
 「壮大なオマージュ」とはよく言ったもので、古典や名作から引いてくることによって、格調高くオリジナリティすら感じられるようです。いや〜、よくぞまとめてくださった。いずれの作品も、美術やら歴史やらの教科書で見たことがある有名なものばかりなのに、これっぽっちも気が付きませんでしたよ! こんなゲームに使われるとは、画家も彫刻家もあの世で苦笑しているのではないでしょうか。
 しかし、同じゲームのはずなのに、海外のファンは、つくづく見る目がありますよね。ソーサレスのおっぱいばっかり見ているどっかの国とは大違いです(笑)

posted by Dr.K at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック