2013年04月17日

「進撃の巨人」02 その日

 近所の古本屋に行ったら、かなり在庫があったはずの「進撃の巨人」がきれいさっぱりなくなっていて驚いた。アニメから注目し始めた人が意外に多かったようだ。

 マンガより大仰な登場となった鎧の巨人のエピソードを済ませ、物語は、エレン達が軍に入るところまで進んだ。
 注目すべきは次回予告。いきなりマンガの4巻まで話が飛んでいる
 原作では、先に巨人達との戦いを描いてから、訓練兵時代に遡る。これは勝手な憶測だが、「進撃の巨人」人気が爆発したので、長期連載にするという方針が作者に伝えられたのではあるまいか。そうなってくると、エレン、ミカサ、アルミンの幼なじみ3人しかいないのでは話を広げにくい。そこで作者は、過去へ遡ってその他の仲間達の描写を深めることにしたのだろう。
 アニメでは、これを整理して時間の流れ通りに話を進めていくらしい。わかりやすくて良いことだ。ついでに、マンガでは区別が難しかったアルミンとクリスタもわかりやすく見分けがつくぞ(笑)
Singeki02
 ところで、いくらマンガが美人不在だからといって、ミカサをここまで美しく描くのはやり過ぎじゃないだろうか。

posted by Dr.K at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック