2013年06月22日

「THE LAST OF US」に心が折れる その1

 「ラスト・オブ・アス」は、映画的ゲーム「アンチャーテッド」シリーズで名を馳せたノーティードッグ社の期待の新作。発売前の映像を見て、おお、今度は「アイアムレジェンド」か、と一人合点していたら大間違い。まさか「宇宙戦争」が始まるとは。

 予告映像ではいきなり感染者と戦っていたが、物語はその発生から始まる。他のゲームだったらムービーで済ませてしまうようなプロローグだ。だが、このゲームはそこもちょっとした体験となる。パニック映画に一市民として放り込まれるのだ。

Lou01
 「俺、いつPS4買ったっけ?」と思うほど描き込まれたビジュアルのせいで、臨場感が半端ない。自分の家を探索するだけで半泣きである。

 プロローグが終わると、荒廃した後の世界に話は移る。などと説明するのは簡単だが、本当に荒みきっていて容赦ない。
 同じように荒んだ世界でも、「GTA」のならず者どもは、どこか抜けていてコミカルだった。「アンチャーテッド」のネイトは、どんなピンチにあっても軽口を忘れない。「GOD DF WAR」のクレイトスでさえ、セックスミニゲームではアホっぽかった。
 ところが「ラスト・オブ・アス」にはそういう息抜きがほぼない。重い怖いつらいの三重奏で心が折れそうである。誰もが楽しく遊べるゲーム、という地点からは完全にかけ離れている。海外での評価は満点が連発らしいが、外人はどれだけマゾなのか。今回ばかりは普通の点数にとどめたファミ通のレビューの方を支持する。

posted by Dr.K at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック