2013年11月18日

サカサマのパテマ

 ヒロインが逆さまという思い切ったアイデアのアニメ映画。
 知名度が全くないうえに、ついこの前公開されたハリウッド映画「アップサイドダウン 重力の恋人」とネタが丸かぶり! コアなアニメファンなら観てくれそうなものですが、今は「まどかマギカ」がやっているので、みんなそっちへ行ってしまいます。
 そんなわけで、公開2週目にして早くも終了ムード。逆さまどころか、大変な逆境、逆風にさらされています。
 この場を借りてあわてて言うのですが、今のうちにぜひ劇場で観ましょう、面白くて爽やかです。

 アイガに住む少年エイジは、地底から落ちてきた逆さまの少女パテマと出会います。映像はこの二人の視点を行き来します。天地がたびたび入れ替わる酩酊感は、アトラクションさながら。二人が協力することで、重力を逆手に取ったアクションが実現します。
 ゲームにしたら面白そうだなぁ、と思ったのは私だけではないようで、パンフレットでは「ICO」「ワンダと巨像」の上田文人が寄稿しています。音楽は「ICO」の大島ミチル、音響監督は「サイレントヒル」の山岡晃が担当しており、音の面でもゲームとの親和性が高いようです。
 物語も二転三転、世界の秘密に迫るSFの王道的展開で、爽快なカタルシスがあり、観客を不幸のどん底に叩き落とすゲスな某アニメより、よほど好感が持てます。映像はひっくり返ってますが、内容は極めて素直でストレートでした。
 ちなみに、上下がこんがらがってしまった人は、パンフレットの解説図を見ましょう。万事解決します(笑)

『サカサマのパテマ』 主題歌「Patema Inverse」

ヒロイン像 6
世界観   9
脇役の深み 3
個人的総合 7

posted by Dr.K at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック