2013年11月26日

「進撃の巨人」は「北斗の拳」に並ぶ?

 アニメ化で認知度も大幅に上がった「進撃の巨人」ですが、本編のシリアスさに比して、周囲からの扱いがひど過ぎます。

「自由の社畜」の歌詞が酷過ぎると話題に
 第一話「200時間超の君へ」。

『進撃の巨人』コラボがセガとAGスクエアの店舗で実施決定!
 大人気の兵長グッズが鼻紙…

進撃の有馬記念
 アニメで一生懸命馬を走らせた甲斐がありましたね!
→前回:進撃のジャパンカップ

 過剰に気合の入った本編が、よそではギャグとして扱われるのは、ひょっとすると「北斗の拳」以来ではないでしょうか。話題が尽きなくてけっこうなことです。

posted by Dr.K at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック