2014年02月15日

「LEFT BEHIND -残されたもの-」 その1

Loulb1

 「LEFT BEHIND」は、「THE LAST OF US」のDLC。プレイするには本編が必要。語られなかったストーリーが追加されます。1575円でダウンロード容量は5ギガ超。

 「THE LAST OF US」は最高のゲームだったので、これを購入することには1ミクロンの迷いもありませんでした。しかし、難度が高いゲームという記憶があり、操作のおさらいをするために本編の冒頭をやり直してみることにしました。…そうしたら、すっかりはまってしまい、ストーリー中盤まで遊んでしまう始末。本当に面白いゲームは二度遊んでも面白いようです。

 さて、「LEFT BEHIND」です。追加のエピソードとなるわけですが、本編のストーリーがかなり完成度が高かったので、蛇足となってしまわないか心配でした。
 しかし、冒頭を少しプレイしただけで、その心配は吹き飛びました。
 「LEFT BEHIND」のストーリーには二つの軸があります。
 一つは、冬までの話。本編、秋ステージの最後に、ジョエルは重傷を負って倒れます。次の冬ステージの冒頭、エリーは雪山でジョエルを看病しています。この間、エリーが何をしていたのか。それを補完する内容です。
 もう一つは、エリーの過去。本編エンディングで、エリーは昔友達がいたことを話します。そのエピソードを描いていくようです。思えば、ジョエルには、パンデミック前の平和な生活の経験がありましたが、パンデミック後に生まれたエリーにはそれがありません。そんな彼女がどんな暮らしをしていたのか、垣間見られる内容になっているのです。
 この二つのストーリーが交互に展開され、先が気になる巧みな構成になっています。

 今のところ、戦う場面もほとんどなく、実に穏やかにゲームが進んでいます。しかし、すでに本編をプレイしている人は、彼女たちがその後どうなるかを知っているので、胸を締め付けられるような切なさを感じます。こんなに心情に訴えるDLCがこれまでにあったでしょうか。

posted by Dr.K at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック