2014年02月23日

誰の役にも立たないPS4ファーストインプレッション

 PS4を買った。ゲーム機を発売日に買うのは、なんとWii以来7年ぶりである。

F0153636_11251363珍しく人に先んじたので浮かれ気味。祭りじゃ祭り!

●本体デザイン
 安全基準はどうなの? と心配になるくらい尖ってる。凶器としての強さは、初めてゲームキューブを越えた。スイッチや端子はもちろん、ディスク挿入口に至るまで、目立たないように作られており、モノリスのようなクールさ。
 しかしどこかで見覚えのある形だな…

Kikugase_2734_pc_detail
そうか、菱餅だ。

Img10173800935

ちなみに、PS3はカマボコ。

●セットアップ
 ついに赤白黄のビデオ接続が廃止になり、HDMI一択に。自室のテレビが旧式で、端子が一つしかないので、仕方なくPS3をはずす。
 ネットにつないだ後、新機能SHAREを体験するべく、SENとfacebookとUstreamを登録する。アカウントだらけで超煩わしい。しかし、何もかも独自で用意しようとせず、既成のサービスに乗っていくという方向性は、良いと思った。

●デュアルショック4
 付属のコントローラーは、これまでのものとあまり変わらないように見えるが、触ってみれば違いは歴然。非常に良い。特に、PS3の頃にクソだったL2R2が使いやすくなった。グリップがしっかりしていて、タッチパッドも意外と使いやすい。

●SHARE
 とりあえず、スクリーンショットをfacebookにアップしてみた。コメントもPS4で入力できるが、キーボードがないとつらい。確かに簡単で楽しいが、画像が大きすぎるので、ブログで使おうと思ったら、結局加工しなければならない。また、「龍が如く 維新!」は、シェアできなかった。ネタバレ防止のためソフト側で制限してあるのだろう。
 facebookはすっかりPS4祭りになっており、持っていない人の取り残され感は想像するに余りある。これ、予想外に販促に貢献するんじゃないか。

●プレイルーム
 カメラを利用したARゲームだが、コントローラーのチェック画面が超カッコよくてそれだけで満足してしまった。残念ながら、広いリビングを前提とした遊びのようだ。

●KNACK
 付属のダウンロードコードで入手。36Gもあり、気が遠くなるほど待たされるのかと思ったら、20分ほどであっさりプレイ開始。ゲームを進めながら、残りをダウンロードする模様。東京ゲームショウ以来のプレイとなったが、ピクサーのアニメみたいで、いい感じだ。チュートリアルステージがうまくストーリーに組み込まれているのもいい。
 ちなみに、「龍が如く 維新!」も、恒例の長時間インストール抜きでゲーム開始できた。新ハードのあなどれない改良点だ。

 唯一不安なのは、何をやろうとしてもPS3とケタが違う大容量なので、500Gもあるハードディスクがすぐ一杯になりそうなこと。やはり将来的には換装か。
 以上、誰の役にも立たない(笑)私見である。

posted by Dr.K at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック