2014年03月02日

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

 前作は、単館系の劇場を満員にした知る人ぞ知る傑作。その実績を受け、今回は大手シネコンの大スクリーンでの公開となり、感無量。だが係員よ、「キックアスジャスティス…フォーエバー」という妙な切り方のアナウンスはどういうことだ。

 今作のテーマは「成長」とのことで、一般人の雰囲気を残していたキック・アスはムキムキのヒーロー体形になり、ヒット・ガールは美しく育って残虐さにも磨きがかかった。アベンジャーズのごときヒーロー団体も結成され、お祭りのようなにぎやかさだ。
 前作通りのエログロナンセンスを盛り込みつつ、ヒーローの本質を問う熱いストーリーと爽やかな結末に強引に持っていく作りは、今度も健在で満足した。
 面白いのは、「成長」が描かれるのがヒーローの側だけではないこと。正義が輝くのは、魅力的な悪があってこそ。全編を使って、マザー・ファッカーを悪役として育て上げるエピソードが積み重ねられる。その無情な出来事の数々が、前作でキック・アスと大して変わらない一般人の青年だった彼を、悪の権化へと育て上げた。
 思えば、アメリカンヒーローの敵は、そのほとんどが完成した姿で突然現れた。例えば、「バットマン」のジョーカーは、登場した瞬間から悪だった。その生い立ちが語られるとしても、たいていは後出しだ。「キック・アス」が、悪が作られる過程を描いたのは、アメコミが描かない舞台裏をバラしたようで面白い。
 マザー・ファッカーは、ヒーロー団体に対抗して悪の団体を作る。そのスカウトの適当さとネーミングの雑さも、アメコミの舞台裏と言えるだろう。

 笑われる役を一身に背負ったマザー・ファッカー。だが続編があるのなら、恐ろしい敵となってくれることだろう。エンドロールが終わるまで席を立ってはならない。

流血量   8
パロディ度 9
続編期待値 5
個人的総合 8

posted by Dr.K at 22:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
It's great to find an expert who can expailn things so well
Posted by Raymart at 2014年03月30日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443455398

この記事へのトラックバック

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」ヒット・ガールはパワーアップ、映画全体は前作に及ばず
Excerpt: 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」★★★☆ アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、 ニコラス・ケイジ、ジム・キャリー、 クリストファー・ミンツ=プラッセ出演 ジェフ・ワドロー監..
Weblog: soramove
Tracked: 2014-03-17 14:57