2014年04月13日

ストロベリー・ナイト

 TVドラマから映画に進出した「ストロベリー・ナイト」。女刑事・姫川玲子の活躍を描く。主演は竹内結子。
 TVドラマは、結構楽しんで観ていた。ドラマで刑事ものは数々あるが、班長ポジションの刑事が若い女性で、野郎どもをアゴでこき使っているのが何ともユニーク。それでいて人情ものやコメディに逃げず、残虐度の高い事件に敢然と挑んでいてかっこいい。

 映画版は、限られた時間で密度を高めるためか、姫川個人に焦点をグッと絞り込む。そのためか、姫川班の面々をはじめ、ドラマでのキャストがほぼ全員出演しているにも関わらず、驚くほど出番が少なくなっている。姫川が単独で動く場面ばかりで、チームワークで事件を解決してきたドラマを知るファンにとっては違和感のある展開だ。
 連続殺人事件の被害者が、いずれも暴力団の構成員だったため、ヤクザの跡目争いという背景が浮かび上がる。捜査の対象となったのはヤクザの若頭。大沢たかおが演じており、映画にふさわしい大物感がある敵役だ。ところがなんと、危うい魅力を持つこの男の前に、姫川がおちてしまう。
 長い間、一番の部下として姫川を見守り続けた菊田刑事が、突然出てきたよそ者にあっさり負けた形だ。これはドラマの視聴者にとっては不意打ち。姫川と菊田が、不器用な恋をどのように育むのか。そんなことに興味を持って観ていた人も多いはずだからだ。
 事件の真相を警察上層部が隠ぺいしており、姫川はそれに抗って窮地に立つ。だが上層部にも良心があって、結局真相は公表される。姫川がやり遂げたという達成感もなく、なんというか腰砕けである。その上、姫川班は解散して終わる。いやはや、「最後の事件」というキャッチフレーズがこういう意味だったとは。
 安易にハッピーエンドにしないハードさが持ち味とは言え、ドラマが作った枠組みを粉々にしてしまうというのは、TVドラマ由来の映画としてはいかがなものだろうか。ドラマが好きだった人には薦められない、妙な映画になってしまった。

菊田報われない度 10
全編どしゃ降り度  9
続編不可能度    8
個人的総合 4

posted by Dr.K at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック