2014年05月28日

「BORDER」警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

 小栗旬主演の刑事ドラマ。死者の霊と話せる、という設定の時点でB級の匂いがプンプンで、はじめは観るつもりがなかった。だが、裏でやっている「MOZU」が、続きはWOWOWで! となりそうな感じでけったくそ悪いので、BORDERの方を視聴決定。ところがこれが、なかなかの掘り出し物。

#1「発現」
 殺された被害者が、「あれが犯人です」と教えてくれるのだから、主人公の石川は刑事としてはチートである。こんなの推理にもサスペンスにもなりゃしない、と先行きを心配したが…

#2「救出」
 この事件では、殺人犯が自殺し、即、霊として登場。生き残りの被害者を必死で探す石川を、挑発するようにもてあそぶ。

#4「爆破」
 この事件では、犯人は、ホームレスを殺しては、その近辺に爆弾を仕掛ける。変装して周囲に紛れる犯人を、石川は霊との連係プレーで暴き出す。

#5「追憶」
 死体が見つかり、石川はその霊と会う。ところが彼は、霊のくせにすべての記憶を失っていた。宮藤官九郎演じる情けない霊につきまとわれるコメディ回。

#6「苦悩」
 被害者の霊が犯人をはっきり見ておらず、捜査は難航。ついに見つけた犯人は、目の前で投身自殺する。石川はその霊から殺人の動機を聞き出す。

#7「敗北」
 ひき逃げ事件が起こり、被害者の霊の証言から、犯人が大物政治家の息子と判明。しかし、プロの掃除屋まで動員する現世の権力者にはかなわず、高飛びを許してしまう。

 ワンパターンにならず、「死者と話せる」という一つのネタでどこまで色々な話を作れるか、というアイデア勝負になっており、毎回飽きずに楽しめている。最終回がどうなるのかまだわからないが、第2シーズンをぜひ作ってほしい。さらなるアイデアへの挑戦が見てみたい。

posted by Dr.K at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック