2014年06月15日

E3 2014を制したのは?

 遅ればせながら、今年のE3の感想。
 昨年の時点でハードは出そろったので、今年は各陣営、ソフトを充実させてきた。一番売れているPS陣営ではゲームを開発しない、というプラチナゲームズのひねくれっぷりが泣ける。

 冗談はさておき、最も優れたプレゼンをしたのはどこだろうか。何に興味を持つかは人それぞれだが、仕事柄アイデアの伝達力を重視する私としては、任天堂の圧勝と言わざるをえない。

【amiibo】
 他の陣営が放置している、ショップを盛り上げそうなアイデア、というところが素晴らしい。今、ゲームショップは、ゲームが売れなくて困っている。ただでさえ無料ゲームがはびこっている上に、コンシューマゲームまでもがダウンロード販売を伸ばす方針をとっており、ショップは孤立無援になりかかっている。そんな中、おもちゃを連動させる、という「amiibo」は、強力な援軍となる可能性を秘めている。
 そして、カードとゲームが連動する、というものより、おもちゃと連動する方が、子供の購買意欲は湧きやすい。同じアイデアは、一部のゲームで先に実現しているが、任天堂側で仕様を統一し、ゲームをまたがって使えるものになりそうなところが長所。
 私には、レベルファイブが「妖怪ウォッチ」のamiiboで大儲けして高笑いする未来が見える(笑)

【Splatoon】
 完全新作というインパクトもさることながら、わずか2分のムービーがすごい。ペンキを撃ち合っての陣取り合戦。自陣内ではイカ形態で高速移動。各種アイテムの効果。すべてがパッと見て伝わるようになっており、新しさ・面白さ・駆け引きに至るすべてが伝わる。ゲームのプレゼン映像として完璧である。デモ映像で世界観だけを見せて、ゲーム部分をちっとも伝えないクソムービーを展示している会社は、大いに反省してもらいたい。
 色を塗るのは楽しい。Wiiの「ブロブ」で、べっちゃんべっちゃんインクをぶちまけているだけで面白かったので、その点は体験済み。一方、シューティングとしては、やまなしレイさんの、「シューティングが苦手な人でも、壁とか地面を撃つことで貢献できるから、誰でも遊べる」という指摘の通りであり、ゲームとしてのまとめ方が妬ましいほどうまい。
 日本のユーザーは保守的(なような気がする)なので、WiiUが一気に盛り返すのは難しいが、少なくとも海外では盛り上がりそうだ。

 何にせよ、任天堂がちっとも「苦戦」していないようなのが頼もしく、嬉しい。

posted by Dr.K at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック