2014年08月10日

「Stick It To The Man!」が正気の沙汰じゃない その1

― 「Stick It To The Man!」は、PS4とPCで配信されているスウェーデン製のゲームです。まず、なぜこのゲームをプレイしようと思ったのですか?
K: PS+で、今だけ無料なのを見かけたもんで。キャラの顔を見て、「Octodad」と何か関係があるのでは、と勘違いしてしまったのも大きい(笑)
― はじめの印象はどうでしたか?
K: 画面がセンスにあふれているな、と。紙人形風に描いてあるんだけど、ペーパーマリオみたいに整ってなくて、手作り感があるのね。いきなり落下死したんだけど、リトライポイントのローラーから印刷されて出てきたのには感動した(笑) ここで名作の予感がしたわ。
― どんな内容ですか?
K: 頭から謎の手を生やした主人公が、ワイヤーアクションやら、シール貼りやらをする。ある日、平凡な主人公の頭上にエイリアンが落ちてきて…

Stickittothe1気絶した主人公の夢がこれ。ピンクの象が鼻から水を注いでいて、エイリアンが溺れかかっているので助けましょう、という場面で、頭の手の使い方の説明にもなっているんだけど、この画面にハワイアンな曲がかかりっぱなしで、底知れぬ狂気を感じる。
― 公式サイトでは、「キモカワ系」という言葉で売ろうとしてますね。
K: キモカワってもっとゆる〜いもんでしょ? この狂ってる感はガチですわ。
― 頭から生えてる、光るピンクの手がキュート! とか(笑)
K: 頭から手が生えてもかわいいのはミドナ様だけでしょ。
― この会社が「寄生獣」の権利をとってなくてよかったですね。
K: ほんまそれ。しかし、こんなすごいゲームが出ているのに、全く話題になっていないのは不思議。無料でもやりたくない人が続出しそうなくらいの、このインパクトは見習わないといかんよ。

posted by Dr.K at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック