2015年01月22日

すべて妖怪のせい

 先日、地元の寺で毎年恒例の大祭が開かれました。参道は、様々な屋台でにぎわいました。
 さて、それらの中に、輪投げ、玉入れ、射的、コリントゲームなど、景品が出る屋台があります。いずれも古風な遊びですが、景品は時代を反映してゲーム機やゲームソフトになっており、さすが生き残っているだけのことはある、と感心します。
 今年は、それらの屋台に異変あり。屋台のデザインがことごとくジバニャンになり、景品も妖怪メダルになっているではありませんか。流行るとはこういうことか、と驚くとともに、どこで仕入れるのだか、屋台の商魂にも圧倒されます。
 今週のファミ通では、毎年恒例の昨年売れたゲームベスト100が発表されていますが、ベスト10のうち3つを「妖怪ウォッチ」が占めます。これもすごい。すべて妖怪のせいだよ。

posted by Dr.K at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック