2015年01月28日

「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような説明」

 おい見ろよ! このゲーム作った奴は紛れもないクズだぜ!

Jabujabusama

 言うまでもなく、無料ゲームは課金収入がないとビジネスにならない。従って、あのゲームもそのゲームも、同じようなことを考えて作ってはいるのだろうが、この失態はそれどころではない。

理由1:そもそも入力してあるのがアホ
 このメッセージは指示書の内容であり、開発中の仮テキストであると思われる。過去にこのような例があったが、これがもし、「プレイヤーが号泣するような名セリフ」とか書いてあったらいかにアホっぽいか想像できるだろう。指示書をそのままコピペするなんてありなのか。

理由2:チェック漏れで公開されたのがバカ
 裏技でも何でもなく、メニューを開いたら見えてしまうようなものが、事前にチェックされていないという体制はどうなんだ。コンシューマゲームだったら、デバッガーが一瞬で見つけるレベルだ。ブラウザゲームということで、ミスがあっても公開後に直せばいいや、と軽く考えているのではないか。

理由3:この文を書いた奴が一番のクズ
 「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章」! 声に出して読みたい下劣な日本語である。これを書いた者は、ゲーム開発のリーダー的な立場であるはず。ならば、なんだこの投げやりな指示は。これで意図する文が上がってくるのなら、
「プレイヤーが感動するような名言」
「思わずアフィリエイトを踏みたくなるような記事タイトル」
「アクセスがアップするような魅力的な宣伝」
などと指示しておけば出来ちゃうわけで、そんな楽なリーダーの話、聞いたことねえぞ。
 そもそも以前、景品表示法において、射幸心をあおり過ぎるという理由で、コンプガチャが禁じられたというのに、この指示はそれを全く考慮していない。つまりコンプライアンスをガン無視している。
 さらには、ユーザーを金づるとして完全にバカにしている。短い文の中で、モラルのかけらもない品性が露呈しており、恥ずかしいことこの上ない。

Jabujabusama2

 だ、か、ら、それを具体化するのが技術だろうが! こんな指示がバンバン飛んできたら、俺なら辞表を用意するね。

posted by Dr.K at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ書いた人ゲスすぎワロエナイ
Posted by at 2015年02月05日 15:25
びっくりしますよね。
私が新入社員の時は、客に失礼となる言葉を企画書で使ったら、先輩に叱られたものですが…
Posted by Dr.K at 2015年02月08日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック