2015年04月06日

「アイドルマスター シンデレラガールズ」第12話

 分割2クールとのことで、次回でしばしお別れ。
 この回は、アイドル合同フェスに向けて、合宿が行われる話。プロデューサー不在の間、新田美波がまとめ役を任される。
 美波が活躍したことは間違いないが、見逃してはいけないのが未央だ。未央は、第6話のライブでのことを後悔しており、次こそは、と意気込んでいる。その結果、まわりに練習を急かすなど、行動が空回りしてしまっている。メンバーは練習に行き詰るが、美波が機転を効かせてミニ運動会のようなイベントを行い、皆を結束させる。これに気づきを得た未央は、美波をシンデレラプロジェクトのリーダーに推す。メンバーの意識の成長を、未央が代表した形になっているのだ。
 夏の合宿というおいしい状況にも関わらず、水着も浴衣も入浴シーンも一切出てこない。クライマックスを控え、無駄なものを描いている暇などないのだろう。近頃のアニメには珍しい、力強く清々しい仕上がりとなった。

Imas12 以下は余談。リレーの場面で、アイドルたちはバトン代わりにエナドリを持って走る。ゲームでは以前から、期間限定イベントに回復アイテム(課金)をつぎこんで強引に進めることを、「走る」と言い習わす。アニメだけの視聴者にとっては、楽しいだけの場面だが、ゲームのユーザーにとっては禍々しい絵に見えてしまうな(笑)

posted by Dr.K at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック