2015年06月17日

E3 2015はゲームの黒ミサだった

※以下の記事は思い込みのみで書かれていますので、正しい情報は各リンクの記事をご覧ください

 嬉しい発表が多かった今年のE3。だが何かおかしい。E3とは、ゲーム業界の未来を見せる輝かしいショウではなかったのか。

PS4『人喰いの大鷲トリコ』2016年に発売決定
 上田文人が退社し、すでに死に体と予想する人もいたプロジェクトが蘇った! 実際は、スタッフが再結集して外に新しく開発会社を作っていた模様。
 多くのファンを安心させたこのニュースについて、事情通にきくと、
「あ〜あれね。いつまでも完成しないからパズルにしましたわ。でかいトリコが物理計算でギミックを破壊する爽快感満点のゲームを目指してまして、ぶっちゃけストーリーなんかありません。ツムツムが超リアルになったと思ってもらえば間違いないですわ」
とのこと。

待望の続編『シェンムー3』Kickstarter始動!
 我が目を疑うとはこのこと。エイプリルフールの時期じゃねぇぞ! E3で墓場から蘇った「シェンムー」続編。しかもあっという間に目標金額達成。
 この驚きのニュースに事情通は、
「あ〜あれね。前々から海外のファンのリクエストはあったのよ。でも、セガは昔こいつのせいでつぶれかかったからね。ビタ一文出すつもりはないと。そこでキックスターターよ。正直期待はしない方がいいね。どうせすぐお金を使い果たして、小さなマップ一つしかできなくて〈おいでよ桂林の森〉あたりで終わるのがオチだから」

『NieR』最新作、公式サイトオープン!
 これもサプライズ。誰も出るとは思っていなかった続編がE3でまさかの発表。開発はプラチナゲームズで期待値もアップ。
 喜びを隠せない筆者に対して事情通は、
「あ〜あれね。ヨコオタロウ、今度は結末でハードディスクを丸ごとフォーマットしてみせるって言ってたよ。買わない方がいいね。それより気がかりなのはプラチナゲームズだよ。スケイルバウンド、トランスフォーマー、スターフォックスと掛け持ちで開発だろ。働きすぎだよ。絶対死人が出るよ」

PS4『ファイナルファンタジー7 リメイク』発売決定
 PS2時代からリメイクの噂が絶えなかったが、ついに実現。これは売れる。
 喜ぶファンを尻目に事情通はというと、
「あ〜あれね。最新作のキャラが評判悪いでしょう。ホストがドライブとか言われて。野村さん相当怒ったらしいね。俺が本気でFF7をリファインしたらどうなるか見てみろってことになったのよ。もう15は開発をやめて、また何年かFF7にかかりっきりになるつもりですわ」

 なんというか、もうとっくに死んだと思っていたゲームが次々に蘇る、降霊術のようだ。今年のE3はゲームの黒ミサだった。家庭用ゲームが盛り上がるには、もはや遺産に頼るしかないのだろうか。

posted by Dr.K at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック