2015年08月10日

ドラマ「ナポレオンの村」のスタッフにゲーマーがいる!

 日曜ドラマ「ナポレオンの村」に出演している麻生久美子が面白い。要注目だ。

Napo03

 ドラマの舞台となるのは、星河市の神楽村。過疎が進んだこの村を廃村にし、行政の効率化を進めよう、というのが市長(沢村一樹)の方針だ。ところがそこへ、凄腕の公務員浅井(唐沢寿明)が現れ、次々に新しい企画を打ち出して、村を復興させていく。
 麻生の役どころは、市長に命じられて浅井が余計なことをしないように見張ること。しかし、浅井の仕事に次々と巻き込まれ、板挟みになっていく。
 実は、美人で仕事のできる公務員、というのは表の顔。ひとたび仕事を離れれば、ストレス解消のためにゲームばかりで、無職ながら家事をきちんとこなしている弟にもあきれられるダメ女。キャラ設定としてはさほど珍しくないかもしれないが、その作りにただならぬものがある。

Napo01 何しろ、第1話でいきなり「ロリポップチェーンソー」である。ゾンビを惨殺してまわる鬼気迫る姿に、全国の麻生久美子ファンが衝撃を受けたに違いない(笑)
 このチョイス実はなかなかうまい。演出としては残虐なゲームが合う場面だが、映してしまうと放送倫理上問題がある。「ロリポップチェーンソー」なら、ゾンビものであるにも関わらず、流血もなくきらびやかなエフェクトで放送に耐えるのだ。
 また、市販のゲームをそのまま使うのではなく、オンラインゲームでモーションセンサー対応という設定になっていた。細かいところでこだわっている。
 さらに、村のイベントで木材が必要となったとき、麻生が「チェーンソーなら慣れてますから」と言い出す場面の伏線になっており、ドラマにもしっかり組み込まれているのだ。

Napo02 昨日の放送では、「スプラトゥーン」が登場。ポップなこのゲームも、彼女の手にかかるとすっかり殺し合いのゲームにされてしまう。
 話題のゲームなので、小道具に使われることは想定内だが、左の机を観てほしい。ガールのamiiboがこれ見よがしに置かれているではないか。このドラマのスタッフには、ガチのゲーマーが紛れているに違いない。今後、麻生がどんなゲームをプレイするのか、ひき続き見ていきたいと思う。

posted by Dr.K at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック