2015年08月12日

「Everybody's Gone To The Rapture -幸福な消失-」その1

 お盆休みの真っただ中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。田舎へ帰ったり、観光地へ遊びに行ったりする人も多いのではないでしょうか。しかし、いずれにしても問題なのは混雑です。どこへ行こうとしても人人人…。せっかくの休みなのにうんざりしますね!

Egttr01 それでは、美しく静かなイギリスの田舎町へ訪れてみるのはいかがですか。混雑など無縁、優雅で素敵な休日を過ごすことができますよ。それにしても人がいませんね。おやおや本当にどこにもいません。貴方、ひょっとしてどくさいスイッチを押してませんか。

 「Everybody's Gone To Be The Rapture」は、人がいた痕跡だけが残る町を探索するゲームです。人々の記憶に触れ、断片的な情報から、ここで起こったことを理解していきます。不気味な事件を扱っているにもかかわらず、印象に残るのは描きこまれた風景。朝もや、雨、夕焼けといった自然現象の再現度が素晴らしく、しばしば見とれてしまいます。
 海外にお盆という習慣はないはずですが、はからずも今の季節にピッタリな内容のこのゲーム、帰省や観光の代わりにいかがですか。お勧めです。

posted by Dr.K at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック